1: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:10:37 ID:ivm
むっちゃ分かりやすくて草
良いこと言うわ~
no title

2: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:10:59 ID:KyF
(言ってない)

4: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:11:13 ID:ivm
>>2
そういうことやで

3: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:11:09 ID:z7n
つまり、何がいいたいんや?

5: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:12:04 ID:ivm
>>3
人間だけが自分は死ぬと理解できる
それなのに多くの人間は自分が死ぬなんて考えないで生きてる
それは非本来的な生き方
自分が死ぬと覚悟して生きることが本来的

6: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:13:11 ID:z7n
>>5
ほなそれらを意識した結果、どういうことをするべきなんや?

8: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:15:00 ID:ivm
>>6
それは自分で考えるんや

7: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:13:25 ID:KyF
人間ってあんまり言いたくない
意識って語もあんまり使いたくない系哲学者

11: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:20:29 ID:ivm
正直現代人に必要な哲学だと思うわ

17: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:25:23 ID:kyk
だからなに?

18: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:26:02 ID:z7n
>>17
ほんこれ

結局偉い哲学者の権威利用して偉そうなこと言ってるゴミ

21: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:28:02 ID:ivm
スレタイは正確に言うと
「人間」→「現存在」
「意識」→「覚悟」あるいは「決意」やね
ハイデガーの訳語で言うと

24: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:30:41 ID:z7n
死ぬことなんて最初からわかりきってるし、それを踏まえても何も考えることなんてないやろ
舐めてんな

26: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:31:56 ID:ivm
>>24
でも普段からそれを覚悟はしてないやろ?
頭で言われればなんとなく理解できるけど考えてはないやん
そういう態度がダメってことや

27: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:32:36 ID:ivm
哲学に対して「そんなの当たり前」「分かり切ってる」とか言う奴ほど分かってない

28: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:33:38 ID:5P4
死ぬ覚悟でいきるなんてできなくないか?
やからこそみんな死を忘れて生きてるんやし

30: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:34:50 ID:ivm
>>28
それが普通の人間のあり方だけど
それは非本来的だよねって話や

32: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:36:07 ID:5P4
>>30
非本来的っていうけど本来的な生き方は難しいだけじゃ無責任な物言いやな

33: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:37:34 ID:ivm
>>32
それを示すのが哲学だからなあ
事実として人間は死ぬやん

34: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:38:06 ID:KyF
そもそもハイデガーの目的が存在とは何かっていうことだから

自分で実際に考えてみるとこういうことが見いだせるよねって話や
自分は常にどんなときも死ぬ可能性とともに存在しているっていう自覚が出来る
このとき存在というものに対する一般常識的なバイアスが外れる
自分が死につつある存在という自己の自覚を通じて存在というものを普通の捉え方から解き放つための予備的な考察で
ハイデガーの目的は人間とは何かってことじゃない
この自覚は途中

37: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:42:20 ID:ivm
>>34
まあそうやね
人間とは何かというか現存在の分析をする上で根源的なものとして「死」に着目したんや
でも一方で非本来性と本来性っていう概念はあるべきというよりこうあるという当たり前の真実を示しているわけやで

35: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:38:09 ID:z7n
むしろ、人は死を恐れすぎてるとさえ思うわ
死と言えば、社会的な死の方が現代にとっては重要な概念やろう
たとえば、いじめられたり、底辺になることを恐れて、したい事や意志を貫かずに自分を押し殺して、社会で死なないように生きてる

38: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:42:33 ID:KyF
ところが多くの文学者や学者が
ハイデガーのこの実存論的分析(人間性とは何かっていう分析)がかっこよかったもんで
この部分だけ抜き出して取り上げてる

39: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:46:10 ID:z7n
過去の哲学者がいくら賢かったところで所詮は過去は過去
現代では、現代なりのブラムシアップされた考え方だけが残る

たしかに現代の生き方へのアンチテーゼとして、過去の哲学をはめ込み脱構築を図る事そのものも哲学かもしれない

しかし、このスレではその段階まで行ってない
アンチテーゼになり得てない

41: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:50:04 ID:5P4
哲学は解釈とかあるし歴史が重要な学問やと思うけど

42: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:50:53 ID:KyF
本来的・非本来的という区分も
(自己の)存在に気づいているかどうかということから来る区分であって
別に世間的な意味で善く生きている・生きていないということを意味していない
ただ存在とは何かを知ることを求める人が通る道の上に自己の存在への問いがあるだけ
力点は(単なる人格としての)自己よりもむしろ存在にある

43: 名無しのなろう民さん 20/04/21(火)18:51:15 ID:rN3
ハイデガーは教え子アレントと不倫してたおじさん。

引用:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1587460237/